読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cuckoo

見たもの(主に本と漫画と映画とTV)の記録とふわっとした感想。基本金曜更新。文体迷子。

1/21-1/27

映画 TV 漫画

STAND BY ME ドラえもん

STAND BY ME ドラえもん

STAND BY ME ドラえもん

 

 テレビでみた。CGになると途端にピクサーみが増す。もう声優に違和感なんもないな。。

受験必要論/林修

 図書館でふらっと惹かれたもので。表紙のインパクトよ。

でも、内容もたいへん充実しておりましたよ。基本聞き書きみたいな感じなんだけど、林さんの場合はそれがいいかもね。キャラクターとして。

あと、いろんな可能性を指し示すというか、いろんな可能性に目を向けてる話し方をするのがとてもよいなあと思いました。そもそも、勉強だけでなく、いろんな物差し(評価軸)を用意すべきだと何度も言ってますしね、この本で。そういう考え方が話し方にも出ている。ものすごく柔軟だなあって感じでした。あといろいろと経験をしてる方なんだなというのがわかって面白かった。

あとテレビに出続ける理由もわかったし、そうやって自分(を高めること)を大切にしている人だから魅力があるんだなあと思った。

なんかいろいろ共感できたり感銘を受けた考え方があったので、いくつかメモったものをそのまま載せときます。引用だけじゃなく、勝手にまとめちゃったものもあるので。出てきた順。

  • 勉強は贅沢
  • 受験とは「批判的精神を持って、批判的受容の中で、自分だけの勉強法を作り上げていく」*1ことです。そして、それを楽しいと思える人は勉強に向いているともいえます。
  • 人間の頭を鍛えるためには、わからないことを抱え続けていくということが大事です。
  • 受験=想像と解決の能力を高める
  • 現代文=「筆者というひとりの人間が伝えようとしていることを、出題者というもうひとりの人間と、同じわかり方ができるという証拠を、出題者=採点者に提出する科目である」*2
  • 人間は自分よりも上の人間と切磋琢磨することで成長するもの
  • 運、縁、恩の大切さ
  • 無理できる無理は、無理ではない

その他みたもの

  • A LIFE~愛しき人~
  • 嘘の戦争

あら、SMAP

『A LIFE~愛しき人~』はキャストが豪華だったからなんとなく見てみようと思ったんだけど、意外とドロドロもしてそうで、よさげ。キムタクドラマってあまりまともに見たことないんだけど、これはキムタクが巻き込まれる側という感じで、いわゆる「キムタク」イメージとは違う感じなのかなーと、イメージしか抱いてない私は思いました。

『嘘の戦争』は、これ原作ないのよね?前作(といってよいのか?)同様韓国ドラマっぽい感じですが。復讐劇いいよね。スタッフみる感じ、そういうの上手そうな人たちが手がけてるぽく、とてもいい。そして草彅くん*3はものすごい俳優だなあと見てて感じた。独特の雰囲気が出るよね、この人。そこはかとない淋しさが。刑事さんとの最後のやり取りが本当に痺れた。

 

ヲタクに恋は難しい 1-3/ふじた

ヲタクに恋は難しい: 1 (comic POOL)

ヲタクに恋は難しい: 1 (comic POOL)

 

昨日読んだのに、読んだことを忘れていた…。友人が貸してくれたのだけど、半分くらいネットで読んでいました。なぜなら眼鏡男子が好きだから。 

もうそういう年齢なのはわかっているんだけど、年齢設定がみんな下でさ、そこにグサッときちゃってさ…ということもあり、半分くらい内容を知っていたということもあり、淡々と読んでしまったのですが、弟とこーくんの話は、続きが早く読みたいなと思いましたよ。

*1:聞き書きの体裁をとっているために林先生の喋っている部分はカギカッコで示されていて、この部分は本当は二重カギカッコなのだけど…引用する時はどちらにすべきなのか?今回はカギカッコ示してないので一重でいきます。

*2:わかるようでわからない後半の文章…

*3:環境依存文字ですが使います、ごめんなさいね。。