読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cuckoo

見たもの(主に本と漫画と映画)の記録とふわっとした感想。基本金曜更新。文体迷子。

【本】ヘンな論文/サンキュータツオ

ヘンな論文

ヘンな論文

図書館で借りた。発売当時、道頓堀のTSUTAYAで見た記憶もある。
当時はどんな論文があるんだろ、くらいの気持ちで完全に流し読みしていたんだけれども、きちんと読んでみると、思っていた以上に論文とは何ぞや、ということについて、おもしろくわかりやすく伝えている本な気がする。やっぱり著者自身学者肌のようだから。単に(突っ込み甲斐があるという意味で)面白がってるわけではなくて、面白みをきちんとわかった上でいじっているので。
面白いしありがたいなあと思った文章を載せておく。

多くの人は、結論だけを知りたがる。しかし、研究で大事なのは、「ほかの可能性」を削っていく作業なのである。これが一般の人の噂話や憶測と、学問の違いである。ほかに考えられる可能性をすべて試し、しらみつぶしに調べていった結果、浮上してきた「犯人」=事実を、疑いようもない状態にまでもっていくのが、「真実」化の作業なのかもしれない。ほとんどの実験は、「こうだ」という仮説を証明するのではなく、「こうではない」という、ほかの可能性の排除が9割を占めるといっていい。ここに敬意を払ってほしい。プロセスも結果である。(p81)

学者の口調が「まわりくどくてわかりにくい」という誹りがある。書いてもしゃべっても、「かもしれない」「可能性がある」「と思われる」、いったいなにが言いたいんだよ、ハッキリ言えよハッキリ! というアレである。
 彼らはハッキリ言っている。「かもしれない」「可能性がある」「と思われる」とハッキリ言っているのだ。(略)1%でも別の可能性が残っている限り、99%確実でも「Aだろう。Aかもしれない」「ほぼAだと言っていい」「Aの可能性がある」と、含みを残す。優秀な学者ほどそうだ。断定口調は、論文では滅多に使われない。自分の主観で判断せず、出てきた事実からたどり着いた結論、という意味で「だと思われる」を使うし、立場をフラットにする意味で、いいとか悪いの判断はしない。(略)
 だから皆さんは研究者の口調から、厳密で正確性を重んじ、先入観を持たないぞ、というプライドを感じ取ってほしい。だって、彼らはつねに自分を疑ってかかる人たちなのだから。(p186-187)

私の場合才能があるわけではなく、創造力も豊かではなく、しらみつぶし系のものしか書けない(あと調査することがめちゃめちゃ好きだから)ので、81ページみたいなこと言われるとなんかありがたいです。結局、大体は考えりゃわかるじゃない、って結論だったりするもの。本文読めばわかるじゃない、みたいな。*1
186ページに関しては、文句を言うなってことではなく、いちおう考えた上でその表現を使ってるんですよ…みたいなとこを、理解していただきたいなっていう…。いずれも自分への励まし・慰めのためのものです。ありがとうタツオさん。
あと彼のすごいなあと思ったところは本人にコンタクトとってるところだよね。できる限り。まあ本にするという目論見があったからということはあるかもしれないけど。
そういえば、この中の、とあるお方が気になり調べてみたところ、どうやらこの本のもとになる文章は、光文社のメルマガかなにかで連載してたみたいですね?調べて分かった範囲では「爆笑!ニッポンの珍論文」というタイトルで2011年頃連載されていたぽい。PDFだけいくつか拾える。メルマガ登録すればもしかしたら読めるのかもしれないけど…5年以上前だしもう残ってないかな。光文社でポシャって、角川に持って行った形なのかなあ…とか、そんなことの方が気になるのでした。

*1:なのにそう受け止められてないことが問題だと思ってるから調べるわけですけどね、私は。

【本】伝え方が9割/佐々木圭一

伝え方が9割

伝え方が9割

結局オリジナルを読みました。図書館で借りました。
オリジナルを断然おすすめします。データも多いし。文庫化したら買います。
以前読んだマンガ版と比較すると、やっぱり私は筆者が何を言いたいかが明確な方が、読む気が起きるなあと感じた。伝える側の熱量が多い方が、断然こちらにも伝わるので。「はじめに」の段階でぐっと引き込まれた。マンガ版はそういうところはフラットになってしまうからね。*1あと、マンガ版だとシチュエーションが限定されるように感じてしまうかも(マンガで描かれているような、特定の場面でしか用いられないのではないか?と思え、活用が難しくなる)。でもこの本に関しては、伝えるという場面であれば、ほぼ、どのようなケースについても活用できる、という感じがあってそれがよかった。
若干日本語の使い方がヘンな部分があり、引っかかったりもしたけれど(ちなみに本書でそのことはきちんと述べられている)、そういうところもひっくるめて、いろんな人が読める本だなあと思った。元々できる人の話じゃなくて、できなかったけどできるようになった人の話だから、説得力もものすごい。データ収集や体系化などを経て、最終的に成功できたのは、佐々木さんの元々の頭の出来がいいからだろうけど。でもまあ、読む側は体系化された結果(技術)だけいただけばいいので、本当にありがたいことです。
伝え方の技術はもれなくいずれも大事だと思えることだったけれど、それ以外で印象に残ったのは、最初は書かれていることそのままでいいからやってみる、それを繰り返すことで、意識しなくてもできるようになってくる、ということを佐々木さんが何度か言っていたこと。やっぱり反復と、基礎(型)を叩き込むことの大事さはどこにも共通なのかなと思いました。

*1:あまり原著者の顔が見えない漫画だった。マンガ版というのはそういうもの?

【本】言葉を使いこなして人生を変える/はあちゅう

言葉を使いこなして人生を変える

言葉を使いこなして人生を変える

これまた書店。タイトルとテトリス風の表紙に惹かれて。*1
この本は、女性向け自己啓発、という棚に入っていた。だけど、エッセイでしたよ、どちらかというと。
私は基本(女の人らしい)女の人好きじゃないので、若干斜にかまえて読んでしまうところもあり。はあちゅうさんはさきっちょさんとのブログから、なんとなく見かければ記事を読んだりするけれど、まあ、お好きなようにってな感じで。彼女の意見は、共感するのもあれば、合わないなー、というものもあります。あとTV出てるの見て頑張れ!とか思ったり。そんな程度の興味。
タイトルみて勉強になるかなと思って読んだけど、エッセイじゃね?て感じだったのと無理くり何か得ようという気も起きなかったので、さらさら読みました。やっぱり斜にかまえた感想ですみません。でも、いかにも女の人らしい感じなんだもん。キラキラしたがる(というよりしなければならない、んだろう)けど、それゆえにすごいコンプレックスとか渦巻いてるんだろうなっていうのを感じるというか。コンプレックスも、多少明るめに出してはいるけど、実際はものすんごいドス黒そうだな、みたいなの。女の闇は鏡になりかねないので、あまり見たくないのです。

それにしてもこれ書きおろしじゃないよね?それが気になる。
と、思って調べたらやっぱり「月刊はあちゅう」からとっているということでした。ご本人いわく、ベストアルバム。
さらに彼女は、ブログと「月刊はあちゅう」の住みわけについて、下のように述べていた。

私に関して言うと、これはオンラインサロンもすごく似ていますが、『月刊はあちゅう』は、私のコンテンツをお金を払ってでも見てくれる人にしか話したくないことです。
 
例えば、自分の昔の思い出や最近の仕事での気づきは、ブログでも書こうと思えば書けるんですが、書き方がまったく変わってくる。
 
それこそ、私の場合は「アンチに刺される」というのが絶対あるので、そこをものすごく意識して書いた結果、書くものがぜんぜん変わってきちゃう。だけど、もっと友達に書くみたいに書きたかったりとかするときは『月刊はあちゅう』に出すという住み分けです。
はあちゅう「noteは友達に書くみたいに…」 ブログと『月刊はあちゅう』の住み分けを語る - ログミー

これやっぱり、エッセイやん…?!しかも「友達に書くみたい」な。まあ、タイトルと目次みたら自己啓発、の棚に置きたくなるのもわかるし、実際釣られているので、完全にタイトルの勝利ですよねこれは。すばらしい。*2そして友達に書いてる感じ、が私に「女の人らしさ」を感じさせたのかもしれない。
ちなみに、書き下ろしじゃないよね?という疑問をなぜ抱いたかというと、掲載順が時系列かどうかはわからないけど、最初の方はすごい気構えてる感じがしたからです。中盤から、ふっと、読んでいる側も楽になる感じがあり。あまり得ることもないなあと思ったのは、それだけ彼女が「自由に」書いていたということなのかもしれない。いいんじゃないですか、彼女が幸せなら、と思うのでした。私は。
ちなみに、得ることがないという言葉は今回、①私も思っていることだなあと思えることは書かれているけど、その思っていることをさらに的確に表している表現がとくに見られない、②そういう意見もあるのだなと参考にはするけれど、取り入れようとは思わない意見が書かれている、③単に興味関心が抱けない*3、すべてひっくるめた意味で使っております。
ある意味自分の性格の悪さ?や偏りを露呈することになるので、こういう感想ならば、書かない方がいいという考え方もできるかもしれないけど、まあ自分の心がどう動いたかを記録しておきたいので、書きます。
追記:はあちゅうさんのブログにこの本のことが載っていたのだけど、「全体的に、気の抜けた文章」になっていると言っていた。…だよね!!私の見方は間違っていなかった。完全に需要と供給が合っていなかったということですね。肩ひじ張らずに楽しんでほしい、そうです。あと「月刊はあちゅう」からの2冊目の本、とのことでした。単純に、1冊目のが記事が古いとすると、本書の最初に抱いた違和感は一体なんだったのかしら。古い記事も混ざってたのかしら?もしくは慣れの問題?

*1:『アライバル』を読んだ後のジャケ読みだったので、「言葉」について考えたかったのかもしれない。

*2:それに内容だって別に外れてはいない。クリティカルヒットはしていないけど。

*3:それなりに幸せそうなライフスタイルとか。話を聞く分には構わないんだけど、本として読むのはどうだろうか?というところ。これまた「友達向け」ゆえか。

【本】アライバル/ショーン・タン

アライバル

アライバル

書店にて。確かにサイレント映画のようだった。でもそれしか感想がない…。世界観はたいへん気になったけどね。解説してほしい。言葉がないとだめなのだろうかねえ、私は。
著者が描きたいものを描いているんだろうとは思うんだけど(構想とか数年かかったらしいし)、ターゲットとか、読んだ人に何を思ってほしいのだろうとか、そういうことがめっぽう気になってしまいましたよ。
 
…と、思ったら。なんと、本が出ているじゃありませんか!
見知らぬ国のスケッチ:アライバルの世界

見知らぬ国のスケッチ:アライバルの世界

私はこちらに惹かれちゃいます。見つけたらきっと読むことでしょう。

【本】魔法のコンパス/西野亮廣

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

今週は1冊、と思ったんだけど、読んでしまった…時間があったものだから、つい…。
週刊女性のサイトで4分の1ほど読めます。これ見て気になった人は読めばいい。
ちなみにサイトに載ってるのは西野さんの考えが主だけど、本は西野さんが仕掛けたイベントについての話と半々くらい(そこにも考えは書かれているけれど)かな。
プペル無料公開のときに、この人に関しては言葉じゃなくて行為を見るべきなんじゃないかなあと思ったんだけど、本読んで、やっぱりそうだなあと改めて。
彼はどこか行ったときに人が必ずおみやげを買うことに注目して、絵画展(という体験)を仕掛けて、絵本を絵画展の「おみやげ」に据えることで、これまでの本の売り上げを伸ばしていった実績があり、「本が物質であることに意味がある」と言っていた。また、アート系の学生や教員がお金について無知すぎることを嘆いていたりするので、いろいろわかった上で仕掛けていただろうなあと思うのです。
(と、実は私、彼の例の文章を読んでいなかったのでいまさら読みましたけど、とくに過激なこと書いていたわけじゃないですね。本とかにも書かれてるような、いつもの西野さん、て感じのこと書いてる。*1ただタイトルが過激?なだけ。これはあるいみリトマス試験紙かも。ていうか私は彼の宣言に対する批判やら非難、いわゆる「反応」だけを読んでいたわけだけど、その反応から想像していた内容とはぜんぜん違うことが書かれていてびっくりした。表現がど下手で申し訳ないが、日本人のお金に対する考え方の闇深さを感じたよ…)
そしてすごい安っぽい表現で申し訳ないけど、天才なんだろうなあと思ったよ。だってなんだかんだ結果を出してるもの。ていうか、行動をおこしていることがすごい。自転車操業的に行動を起こせることがなによりすごい。私はこの人ほんと面白いなあと思うし、共感できたりわかるなあと思えることも多いけど、最終的には面白いなあと思うことしかできない人間なので。行動を起こせる人は尊敬します、ほんと。人を巻き込んでいく感じは、見習いたい。
 
印象に残った一節。人(自分)はその人がアンテナを張っていることにしか反応しない、ということは常々思っていることで、この一文もそれにあてはまると思うけど、新しいし踏み込んだ表現だと思ったので。

人が時間やお金を割いて、その場に足を運ぶ動機は、いつだって「確認作業」で、つまりネタバレしているモノにしか反応していない。

それともうひとつ。単純にそうか!ってなったので。(引用として書いたけど…表記正しくなかったらごめんなさい)

失敗したままで終わるから「失敗」が存在する

あとたいへんどうでもいい感想だけど、ダイノジの大谷さん好きなのには笑った。似たもの同士だろうしね。私は大谷さんも好きです。それと絵本を描くまで、絵の経験がなかったということには大変驚きました。物語を作るのを好きだったということには納得した。彼の物語は、物語らしくて好き。

*1:この人の根っこには金=信用みたいなところがあり、奴隷解放宣言の文章の根っこもそこにあると思う。その考えは上のサイトで読めるので、興味があれば。

【本】アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書/スティーブン E.ルーカス

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書

てっきり表紙の女性が著者かと思ってたけど、名前からして明らかに違うよね…。

本書は、アメリカで圧倒的な支持を誇るプレゼンの教科書The Art of Public Speaking(Stephen E.Lucas著、12版)の日本語版です。

どういう本かの説明はこれに尽きる。ここでいうプレゼンは、広義。まさにパブリック・スピーキング。ガチガチな、学会発表のようなものではなく、もう少しラフな感じ。TEDのような。内容に個人的な話を盛り込むのもOKな感じの、プレゼン。まあ、アメリカっぽい。私はガッチガチの方を期待しておりましたので、その意味では少し残念なところもありますが、基本的なことは、きちんと抑えられているし、本当に「伝え方」の本でもあるなと思いました。
Amazonレビューによると、編集(カットも?)されているぽい。だから監訳なのか。どこを外したかはわからないけど、日本では必要ないと思ったところを、カットしたのかもね。
読んで、大事よねーと思ったこと覚え書き。

  • プレゼンはコミュニケーションであり、聞き手との対話である。
  • とにかく聞き手のことを考えた内容を。聞き手目線。
  • それはもう入念に準備すること。
  • 話し手は誠意と確信をもって話すこと。

分量と、内容みたらなんとなくわかると思うんですけど、プレゼンには、徹底した準備がいるんです。それに尽きます。
あとは、上には載せていないけど、型の重要性。型にはめるって、よくないこととも捉えられがちだけれども、不特定多数に向かって何かを発信するときは、型にはまっている方がいいと思うんだよね。伝えることが目的ならば。単なるパフォーマンスが目的なら、好きにしてください、という感じですが。でも、アメリカですらこうなんですよ、と思わんでもない。
それから、印象に残った言葉を引用。

言葉には力があるということを決して忘れないでください。言葉は責任を持って使ってこそ意味があります。

みんな、責任もって使おうね。(私も)
さいごに、個人的にありがたかったので、エビデンス(証拠)のチェックリストも引用しておきます。

チェックリスト【エビデンス
1.主な主張は全てエビデンスでサポートされているか
2.聞き手を説得できるだけの十分なエビデンスを使っているか
3.エビデンスは具体的か
4.エビデンスは聞き手にとって新しい内容か
5.偏りのない、信頼できる人・団体によるエビデンスを使っているか
6.エビデンスの出典を明らかにしているか
7.エビデンスは、証明しようとする主張に直接関係のあるものか
8.想定反論に答えるためのエビデンスを準備したか

今週は1冊のみ。。さらに感想もなんだかやる気がなくて(個人比)すみません。ただ、4週のうち1週くらいは、そーなってしまうと思うので、ご了承を。
あと教科書だからなのかな?感想があまり抱けなかった。基礎を抑えてる感じだったもので。でも重要なことはいっぱい詰まってますよ。私としては、例があまり好みではなかったりした。インパクトのある例(とくに導入や結び)とかも多かったので。まあ、プレゼンの捉え方とお国の違いなので仕方ないです、そこは。

【本】「自分らしさ」はいらない/松浦弥太郎

「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功のレッスン

「自分らしさ」はいらない くらしと仕事、成功のレッスン

これも立ち読み…違うジャンルに挑戦したく。というか、松浦弥太郎さんは名前はずっと知ってて経歴もなんとなくしってて、興味はあったの。クックパッドにいたことは今回初めて知ったけど。

自分らしさを捨てれば、自分らしさが更新され、自分らしさが広がる

たぶん本が言いたいことを一言でまとめればこれでしょう(本の最初に書いてある)。
で、「心で考える」ことが必要だと言っていた。
心で考えることが何か、を含めて書かれてたことで印象に残ったことメモ(覚書だから引用じゃないです)。

  • 心で考える、の逆は頭で考える
  • 想像力と感受性と愛情がエンジンとなって心が働く
  • 心を外にむかって働きかけていく
  • 心をつかえば「らしさ」はのこる
  • いちばん心地よいコミュニケーションは対等な関係。フィフティ-フィフティ
  • 心のつかい方の上手な人は後味がしない
  • すきときらいのあいだをつくる

私が惹かれて読んでいるものなので、共感できることがあるのは当然なんですけど、松浦さんが理想?としてる形は、あるいみ私にとっても理想だし、やっていたりすることもあります。*1
理想と書いたのは、たぶん松浦さん自身にもものすごいこだわりがある(あった)からこそこれを書いたんじゃないかなあ、と思ったから。そりゃ、いままでの経歴考えたら、ねえ。中にも、こだわりあるよなあ、と思えることはありましたし(まあ、こだわり=自分らしさといっていいのかは謎ですが)。
それにしてもこの本が置いてある棚のまわりにはミニマル本(何と表現すればいいのか?)がいっぱいあって、これも一種のミニマルかあと納得した次第です。あと、ドラマの影響もあるのでしょうが近くに「暮しの手帖」系の本も充実していて、こういった棚の展開の秀逸さが、リアル書店の魅力だよなあと思いました。
そして読んだ本とのつながりについて思ったこと2点。
一点目。本では「料理がおいしいかおいしくないかは作り手の心次第」というようなことを言っていたのだけど、それ読んだとき「情報を食べてるんだ」的フレーズが思い浮かび。ホリエモンの本だったよなーとおもったらそうでした。そのレビューは下サイトにあり。『ラーメン発見伝』のレビューね。
honto.jp
で、情報を食べてる=まさに頭で考えるということじゃないのか?と思ったんだけど、レビュー読み直してみるとちょっと違ったかも。いや、一緒かも。一蘭が結果として接客面の「らしさ」を排してるっていうのは、あえて心で考えさせる部分をなくしてるのかなあ、と。うまくまとまらないけど。ただ、創業ストーリーは心づかいの体現と考えることもできるしねえ。うまく利用してるのかなあとも思える。
二点目。この本ではプラマイゼロがバランスのとれた状態、と言っていて、私もそれには賛成の方向。その時思い浮かんだのが西野さんの言葉。西野さんについて以前いろいろ調べてた時に下のサイトで読んだ。いつか本も読みたい(帯でホリエモンがコメントしてるのうける)。
www.jprime.jp
松浦さんがいうプラマイゼロ、と全く同じであるかはおいといて、西野さんはマイナス要素も「風」とみなして、パワーにするのが望ましいと言っている。私はこれにも大いに納得したわけだけど、それは決して「快い」ものではないのかなあとも思った。べつに批判ではなく、いろんな形があるよね、っていうだけの話。

2/13追記:誤字修正ついでに。松浦さんは漢字とひらがなのバランスにも気をつかっているらしく、それは読んでいても確かにわかる!すごい!と思った。書き忘れたからここに書いとく。そしてそれゆえバランスまで思い出せないので、覚書にした次第です。。あと松浦さんのサイト、どえらい完成度たかいので一見の価値ありです。くらしのきほん | あなたのくらしはもっと楽しくなるスマホ推奨。NHKの0655とか2355見てる感覚と似たようなものを感じる。媒体によって書きぶりや先ほど言った文字のバランス変えてるそうです。プロだー!

*1:まったくできてないこと、考えられていないことに関しての本は自分のアンテナに引っかからないだろうと思っているので。