読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cuckoo

見たもの(主に本と漫画と映画とTV)の記録とふわっとした感想。基本金曜更新。文体迷子。

国会図書館に持っていくといいもの

その他
  • 100円玉(200円あると尚よし)
  • クリアファイル
  • 大きめのストール(季節による)
  • ハンカチ
  • パソコン
  • 透明のビニールバッグ

国立国会図書館まあまあ行くので忘備録。

国会図書館は最初に荷物をコインロッカーに預けなければならない*1ので、ロッカーに使う100円玉はマスト。使用後戻ってくるので取り忘れないように。両替機もあります。館内にもロッカーあるので、持ち込みの荷物が多い場合は館内のも併用すると便利。そういう意味で100円玉は2枚あるといいです。
クリアファイルは印刷物*2をしまうため。A4用紙が入る透明のビニール袋はいただけますが、強度的にはファイルの方が安心。
ストール、じゃなくてもいいですが、ひざかけにできるものがあるといいです。季節や場所にもよると思うけど結構足元冷えるので。ハンカチは乙女のたしなみ、でもあり、なんとなく物が隠せるから…財布とか丸見えだとなんかいやだなあと思うので。
パソコンは、そのままか、取っ手のないパソコンケースに入れてなら持ち込み可。パソコンケースに入れている場合は帰りに中身の確認があります。電源付きの広い机がある閲覧室もあり便利。さいきん個人的にテンション上がったのはイヤホン・ヘッドフォンの使用が可能になったこと。備え付けのパソコンも新しくなったし、なにげにどんどん過ごしやすくなっている国会図書館…。
透明なビニールバッグ、私はまだゲットしていませんが、ほしいのです。館内持ち込み用にA4サイズ・持ち手つきのビニール袋(印刷物入れるのと同じもの)は用意されているんですけど、持ち物入れてると当然持ち手がすぐのびるので…。どこに売ってるんだろうなあとか思いつつ見つけられてない…。(と思ったらアスクルとかにあった。買う。)
上にはあげてないけど、筆記用具とかノートとかお茶(ペットボトル)もいつも持っていきます。そして登録利用者カードは言わずもがな。
あ、あと食堂の図書館カレーおいしいのでおすすめです。女性には量多いかもだけど。

*1:むきだしか透明の袋に入ったもの(B5判以上の不透明な袋は不可)じゃないと持ち込み不可。パソコン除く。

*2:資料は持ち出すことができないため、書き写すかコピーが必須。ちなみにコピー代は高い。。

1/21-1/27

映画 TV 漫画

STAND BY ME ドラえもん

STAND BY ME ドラえもん

STAND BY ME ドラえもん

 

 テレビでみた。CGになると途端にピクサーみが増す。もう声優に違和感なんもないな。。

受験必要論/林修

 図書館でふらっと惹かれたもので。表紙のインパクトよ。

でも、内容もたいへん充実しておりましたよ。基本聞き書きみたいな感じなんだけど、林さんの場合はそれがいいかもね。キャラクターとして。

あと、いろんな可能性を指し示すというか、いろんな可能性に目を向けてる話し方をするのがとてもよいなあと思いました。そもそも、勉強だけでなく、いろんな物差し(評価軸)を用意すべきだと何度も言ってますしね、この本で。そういう考え方が話し方にも出ている。ものすごく柔軟だなあって感じでした。あといろいろと経験をしてる方なんだなというのがわかって面白かった。

あとテレビに出続ける理由もわかったし、そうやって自分(を高めること)を大切にしている人だから魅力があるんだなあと思った。

なんかいろいろ共感できたり感銘を受けた考え方があったので、いくつかメモったものをそのまま載せときます。引用だけじゃなく、勝手にまとめちゃったものもあるので。出てきた順。

  • 勉強は贅沢
  • 受験とは「批判的精神を持って、批判的受容の中で、自分だけの勉強法を作り上げていく」*1ことです。そして、それを楽しいと思える人は勉強に向いているともいえます。
  • 人間の頭を鍛えるためには、わからないことを抱え続けていくということが大事です。
  • 受験=想像と解決の能力を高める
  • 現代文=「筆者というひとりの人間が伝えようとしていることを、出題者というもうひとりの人間と、同じわかり方ができるという証拠を、出題者=採点者に提出する科目である」*2
  • 人間は自分よりも上の人間と切磋琢磨することで成長するもの
  • 運、縁、恩の大切さ
  • 無理できる無理は、無理ではない

その他みたもの

  • A LIFE~愛しき人~
  • 嘘の戦争

あら、SMAP

『A LIFE~愛しき人~』はキャストが豪華だったからなんとなく見てみようと思ったんだけど、意外とドロドロもしてそうで、よさげ。キムタクドラマってあまりまともに見たことないんだけど、これはキムタクが巻き込まれる側という感じで、いわゆる「キムタク」イメージとは違う感じなのかなーと、イメージしか抱いてない私は思いました。

『嘘の戦争』は、これ原作ないのよね?前作(といってよいのか?)同様韓国ドラマっぽい感じですが。復讐劇いいよね。スタッフみる感じ、そういうの上手そうな人たちが手がけてるぽく、とてもいい。そして草彅くん*3はものすごい俳優だなあと見てて感じた。独特の雰囲気が出るよね、この人。そこはかとない淋しさが。刑事さんとの最後のやり取りが本当に痺れた。

 

ヲタクに恋は難しい 1-3/ふじた

ヲタクに恋は難しい: 1 (comic POOL)

ヲタクに恋は難しい: 1 (comic POOL)

 

昨日読んだのに、読んだことを忘れていた…。友人が貸してくれたのだけど、半分くらいネットで読んでいました。なぜなら眼鏡男子が好きだから。 

もうそういう年齢なのはわかっているんだけど、年齢設定がみんな下でさ、そこにグサッときちゃってさ…ということもあり、半分くらい内容を知っていたということもあり、淡々と読んでしまったのですが、弟とこーくんの話は、続きが早く読みたいなと思いましたよ。

*1:聞き書きの体裁をとっているために林先生の喋っている部分はカギカッコで示されていて、この部分は本当は二重カギカッコなのだけど…引用する時はどちらにすべきなのか?今回はカギカッコ示してないので一重でいきます。

*2:わかるようでわからない後半の文章…

*3:環境依存文字ですが使います、ごめんなさいね。。

1/14-1/20

TV

リクルートを辞めたから話せる本当の「就活」の話/太田芳徳 

 図書館で見つけて気になったから読んだ。

この方も*1論理的な話し方をされる方で、何言いたいかと何言ってるかが明確でさくさく読めました。この本が言いたいことは2点で、①PDCAサイクル*2を回せるようになることと、②論理的・構造的に話せるようになることが大事だと言うことでした。頭ではほほー!となってますが、自分が①②ともにできているかは謎…。

前半は就活の現状を企業側、大学側、学生側の3つの視点から説明しててこれまた面白く読みました。

印象に残ったところ引用しておきます。

 頑張るということは、成果のはっきりしないことをやみくもに継続することではない。自分でこうしたいと思わないことをやり続けることでもない。

 成果の目標を自分で決めて、その成果を出すために障害を乗り越え続け、成果にたどり着くことを「頑張ったこと」として問われているのである。(p103)

 

その他みたもの

キャストの見た目はかなり合ってた。大島優子がもっと背が高かったらよかった。KEYくんが名前とか変えずそのままで、いいのかよ、と思った。講談社も、日テレも。モデルが3次元なのをわかっているのだろうか??漫画を読んでいるのであまり突き刺さらないけど、これからの展開考えると、見るのが恐ろしい。なんだかんだファンタジーなので、恥ずかしくなりそうです。

それにしてもキャストの年齢に沿ったとはいえ、33→30に年齢を下げるっていうのは、リアリティ(切実さ)が薄れるし、30の時点でもうオワコンという価値観が示されてるってことになるんだけど…それが現実ということか…。

*1:比較対象は江部さん。前読んだ本の。

*2:Plan計画→Do実行→Check評価→Act改善

1/7-1/13

映画 TV

ハッピー・フライト

ハッピーフライト ビジネスクラス・エディション(2枚組) [DVD]

ハッピーフライト ビジネスクラス・エディション(2枚組) [DVD]

 

テレビでやってた。15分くらい見逃したけど。

みていて(というかみながら調べて)思ったのは、やっぱり映画ってものすごい手間暇かけるんだなってことでした。リサーチ2年…

お仕事映画好きなのでよかった。航空パニック映画を作ろうと思ったのがきっかけ(だけどリサーチの結果変更)らしいけど、充分、小パニック映画にはなっていると思う。パニックの意味が違うかもしれないが。

いちおう田辺誠一なんですね、主役は。

2008年公開ということで、もう10年近く経っている…そのわりにキャストは今と変わらない感じですね。考えようによっては停滞しているのかもしれない。

「サバイバルファミリー」との関連であえて今回これをTVで放送したんだと思うけど、矢口さんにはもともとパニック映画を撮りたいという願望が、あったんですねえ。*1

 

腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」/江部康二 

腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」  肉を食べても酒を飲んでも運動しなくても確実に痩せる! (SB新書)

腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」 肉を食べても酒を飲んでも運動しなくても確実に痩せる! (SB新書)

 

昔買ってたのを読み直した。kindleで半額だったから買ったんだけど、書いてあることがとても理にかなっていて、納得できるようになっているところが好きです。 あと江部さんはブログも頻繁に更新して、コメントの返信もしっかり行っていたので(最初に読んだときだから2年前くらいだけど)そういう意味でも信頼できる感じだった。実際やってみて痩せました。この本ともう1つ参考にしてたHPあったんだけど、見つからない…。見つけたら載せます。2週間くらい?はできるだけ糖質カットして、じょじょに戻していく、みたいな感じのでした。HPは。

最近はなんだかんだ、糖質を控えるダイエット法のが優勢だよね。というか、カロリー制限だろうが糖質制限だろうが、やみくもにやるんじゃなくて理論を踏まえてやれば、それなりに成果はでると思われる。

その他みたもの

  • ねほりんぱほりん(ナンパ教室)
  • 精霊の守り人
  • バリバラ(婚活的なの。)

NHKづいている。

ねほぱほナンパ教室の回は深かった…。バリバラは初めてみたし後半10分くらいしかみてないけどエクシオすごい。そしてことの顚末が…人間くささがすごいわ!

精霊の守り人はシーズン1を3分の1近くにぎゅっとしてるらしく、展開がよくわからんところもありましたけど面白かったし音楽がよかった。綾瀬はるかのギャップにびっくり。シーズン2見ます。

*1:てか、「サバイバルファミリー」は2002年から構想とな…

1/1-1/6

映画 TV

ビューティー・インサイド

年始に鑑賞。CM界で有名な方の初監督作品ということでまあ、俳優陣が豪華で豪華で。結構お金かかってるのかな。ストーリー自体はものすごいシンプルなんだけどね。発想がすごい。そして映像がキレイ。

その他みたもの

  • ねほりんぱほりんSP
  • がんこちゃんのエピソード0的な
  • ヤクザと憲法

とにかくNHK
でなければ韓国のバラエティやらドラマやら。
民放もみてるけど印象に残るかというと…
みたの年末なのでこちらに入れたけど、CSでやってた「ヤクザと憲法」(東海テレビ製作のドキュメンタリーで映画としても公開されたもの)がたいへん面白かった。いまのヤクザに人権はあるのか、て話。

その中でもよく出てた部屋住みくんが気になったので見ながら調べてみたら、まじかよ…てなことになっていたので(転落、という感じでしょうか)そのこと含めて放送されるのか気になって仕方なかったけど、放送には含まれておらず。もしかしたら取材中は抑止力になっていたのかもしれないです。
東海テレビ製作のドキュメンタリーは面白いですね。劇的な展開があるわけでは決してない*1んだけど。でも、何もないところが大半だからこそ少しばかりの起伏が沁みる。「人生フルーツ」も見ました。やはり手間暇かけているものはよい。

*1:撮ってる側としては何かとれててくれ、と思ってずっとカメラを回しているそうな。劇的な編集をするのは簡単だけど、しないらしい。